自分プロデュース。セルフブランディングを応援する
ブランディングホームページ制作・WEBサイト制作のShape Dream(シェイプドリーム)

「夢「考えを形あるものに。

当サイトへのお問合せは、下記「お問合せ」よりお問合せをお願いいたします。

お問合せはこちら


デスクトップ DELL vostro 220s 電源がオレンジに…



作業をしていたら、ふわ~んという感じに、モニターの画面が消えました∑(゚Д゚)ガーン

キーボードやマウスを操作してみましたが、反応なし。

仕方なしに、電源ボタンを長押しして、一旦パソコンの電源を切りました。

 

次に立ち上がった時に、なんと…

 

DELL vostro 220s 電源オレンジ – ブランディングホームページ制作・Webサイト制作のShape Dream(シェイプドリーム)

 

電源がオレンジになってしまいました。。。

ネットで原因をみると怖い情報ばかり…(T_T)エーン

 

とりあえず、メモリ抜き差しや、電池の取り外しなどの放電を試してみようと、自分でできる限りはじめてみました。

 

まずは、ハードを解体!

開いて、ファンについている埃にビックリしてしまったので、爪楊枝に両面テープを貼り付けて、地味にクリーニング(*_*;

メモリは見えるところにあったので、とりあえず、外して、また差し込んでみました。

 

しかし、中々電池がない。。。と思ったら、DELLさん隠す隠す(+o+)

赤枠部分の下に「電池」「CMOS(シーモス)」がありました!

 

DELL vostro 220s 電池位置 – ブランディングホームページ制作・Webサイト制作のShape Dream(シェイプドリーム)

 

DELLの解体は一苦労(^_^;)

 

DELL vostro 220s ハード内 – ブランディングホームページ制作・Webサイト制作のShape Dream(シェイプドリーム)

 

見え方が違いますが、赤枠部分は、下の方です。

そして、ようやく「電池」を発見!

 

DELL vostro 220s 電池 – ブランディングホームページ制作・Webサイト制作のShape Dream(シェイプドリーム)

 

「CMOS(シーモス)」とやらも発見!

 

DELL vostro 220s CMOS – ブランディングホームページ制作・Webサイト制作のShape Dream(シェイプドリーム)

 

 

ちょっと、向きが反対になってしまいましたが、上の方です。

 

まず、電池を外すのにかなりの時間を要しました(´Д`)ハァ…

相当硬くて、周りにも気をつけないといけないので、あれやこれやと試行錯誤…

 

とりあえず、電池を外し一時放置。ちなみに…

【補足1】

ハードの専門家に聞いたところ、電池を外しての放電は ”1時間” とWEB上に記載がありますが、実際は15秒くらいでも大丈夫とのことです。

 

次の段階で、もし放電しても電源がつかない場合は、「CMOS(シーモス)をショート」というのがあるみたいですが、私は、ハードの専門ではないので、放電(電池の入れ替えなど)でダメなら、修理に出そうと思っていました。

 

電池を取り外し放置してから、再度電池を設置。

電源を付ける前に、ハードの電源ボタンを5~10回押して(放電するらしい)、改めて電源をいれると…

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

青い電源が付きました!良かったぁぁ(/_;)

データもそのままで、電源を消して、また立ちあげてもとりあえず、今のところ大丈夫です。

【補足2】

今回の件は電池切れというわけではありません。

ハード専門家によると、電池は5年は持つとのことです。私のデスクトップは2~3年なので、今後また電源がオレンジになっても、電池の可能性は少ないと言われました。

もし、電池切れの場合は、毎回BIOS(バイオス)設定が立ち上がり、日付リセットが行われるそうです。

基本的にモニターが表示しない場合は、マザーボードの破損の可能性が高いとのことでした。

【補足3】

DELLの場合、購入価格が安いため、その分破損したときは、かなり面倒。

DELLは修理しにくく(他社がいじりにくように)なっているため、修理の場合は、DELL工場に直接配達しなければなりません。。

修理で、稼いでいるのもあるんでしょうね。。。

とは言え、現在沖縄在住の身としては、修理に出すと配送料が高いので、費用が凄そう…上に安くすませようとして、配送費をケチったら、壊れそうなので、ピンチです。

【補足4】

「CMOS(シーモス)をショート」ですが、この動作はデータが消えるわけではないらしいです。

私もはじめは格納データが消えるのかと思っていましたが、そうではないと、ハード専門家に聞いたので、一応シェアです。

要するに、常に外付けハードにデータは格納しましょう!ってことですね。

 

今回のエラーは、多分夜な夜な電源をつけっぱなしで放置していたことが多かったので、これが原因だと思います。

ドキュメントデータは、外付けなので、とりあえず、ピンチかんは軽減されてましたが、もっと大切に扱わないます><




コメントを残す

(※大変申し訳ありませんが、コメント投稿のスパムチェックのため、確認してから公開させていただいております。)