自分プロデュース。セルフブランディングを応援する
ブランディングホームページ制作・WEBサイト制作のShape Dream(シェイプドリーム)

「夢「考えを形あるものに。

当サイトへのお問合せは、下記「お問合せ」よりお問合せをお願いいたします。

お問合せはこちら


WEBサイト制作の流れ(フロー)とWEB業界の職種一覧



まだまだ、多くの方がWEBサイト制作は、作るだけだと思っている方々が多いなと感じたので、実際に私が行なっているフローをお話させて頂きます。

  1. ヒアリング(「WEBサイトを作成したいんだけど…」というご相談から、どのようなサイト構築をお望みかを確認します。)
  2. 企画書・お見積書の作成(上記を元にご提案内容を確定していきます。)
  3. 企画のご提案(お客さまと実際に方向性や内容が問題ないかをすりあわせしていきます。)
  4. ご契約(ここで初めて契約になりますが、企画内容によっては、NDA[機密保持契約]を締結させて頂く場合もあります。)

ここまでが、会社で言う”営業”または”WEBプロデューサー/ディレクター”が担当するフローになるかと思います。

 

次からが制作担当者(WEBディレクター含む)が対応していく内容です。

 

  1. サイトマップ(遷移図)の作成(項目やサイトの構成をしっかりと固めます。)
  2. スケジュールの作成・調整(お客さまによっては、リリース[公開]日に広告を出す方もいらっしゃるので、相違しないように調整します。)
  3. トップワイヤーフレーム(画面設計図)の作成(「枠組み」とも言いますが、デザインをする前に、表示させる位置やキャッチコピーなどの確認も行います。)
  4. トップデザインの作成(上記3を元に、デザイン制作を行います。)
  5. 下層ページのデザイン(主要[トップ]デザインが確定したら、トップ以外のページデザインも進めていきます。)
  6. デザインのWEBページ化(コーディング)(1枚の絵[デザイン]から、ブラウザに表示させるためにWEB化を行います。)
  7. 動作確認(QC[品質管理])(リンク切れ[クリックした先のページが表示されない]などを確認していきます。)
  8. 納品

 

  • 中には、「ライティング制作」「素材撮影」なども入ります。
  • 同時進行で行う部分もあります。

※もちろん、割愛する部分もあれば、もっと細かく調整する部分もあります。

 

WEBのお仕事は、職種が大変多くあります。

私が、思い当たる部分で一覧にしてみました。

  • WEBプロデューサー(プロジェクトの責任者、予算やスケジュール管理を行う。お客さまとお会いすることも多い。マーケティングも行う場合がある。)
  • WEBディレクター(制作責任者、制作担当者の管理やスケジュール調整も行う。企画を行う場合もある。)
  • WEBデザイナー(サイトデザインを行う。最近は、コーディングが出来る人も含めてデザイナーになっている場合もある。)
  • コーダー(デザインのWEBページ化を担当。最近では、簡単なプログラム構築を求められている。)
  • WEBプログラマー(WEBプログラムで必要とされているのは、PHPやPerlなどがあり、プログラムの設計から構築まで行う。)
  • フラッシャー(Flashソフトを利用して、デザインとプログラムの両方を行う。イメージしやすいのは、ゲーム制作。)

制作では、兼任することが、たくさんありますが、大きい企業になると、「企画」の仕事も別にあります。

ゲーム業界であれば、「グラフィックデザイナー」という職種もあります。

また、プログラマーが多い会社では、責任者のことを「プロジェクトマネージャー」とも言います。

まだまだ多くの職種があるかと思いますが、思い当たるものを上げてみました。

 

WEBプロデューサーやWEBディレクターは、ちょっと難しいですよね?(笑)

個人的な見解としては、WEBプロデューサー「サイト責任者」とWEBディレクター「制作責任者」です。

普通に考えて、プロデュースするのと、ディレクションするという意味合いでとってもらえれば、いいのかな?と思います。

 

正直、これは会社により、変わることが多いかもしれません(^_^;)

ディレクターが企画を作ることも多いし、お客さまのところで、お話することもあります。

その場合、その会社には、プロデューサーはいないと思います。

 

結構細かいWEB業界のお仕事ですが、何かの参考になればと思います。




コメントを残す

(※大変申し訳ありませんが、コメント投稿のスパムチェックのため、確認してから公開させていただいております。)